外反母趾とは

外反母趾とは簡単に言うと、足の親指が外側に曲がるという病気です。
この場合、その曲がり方によって重度が違ってきますが、ひどいときには靴に当たってしまい痛くて歩けなくなります。
痛いと歩き方も悪くなり姿勢も悪くなります。
それによって腰が痛くなったり膝が痛くなったりすることもあります。

外反母趾の症状が軽いうちは、楽な緩めの靴で調整ができますが、ひどくなると楽な靴にしても親指が曲がったところは進行するばかり。
そのため変形がひどくなると、痛みがまた出てしまうということになります。

圧倒的に女性に多い病気だと言われていますが、やはりハイヒールの履きすぎなどが原因のようです。
ハイヒールで先端の細い靴を履くとどうしても靴の中で足は変形していきます。
もちろん親指が曲ったと言っても、すぐに外反拇趾になるものではありません。

靱帯などの力で元に戻る力もあるわけです。
しかし個人個人筋肉や靱帯の強さの違い、偏平足ではないかなどいろいろな違いがあるので、同じようにハイヒールを履いても外反外反母趾になるかどうかはわかりません。
また立ち仕事の人は特に靴には注意が必要です。

外反母趾にならないためには、足の指が自由に動く靴を選ぶようにしましょう。
そして靴の選択が三角になってないこと。
そして親指と小指の付け根がゆったりできている靴を選びましょう。
ヒールはせいぜい5センチまでと低く抑えます。
親指の付け根の辺りに縫い目のないタイプの靴がいいとも言われています。

このような靴選びをすることで、外反母趾になりにくいと言われています。
ヒールを履くのはたまに履くなら、ヒールは低め、幅は太めを意識したデザインにしましょう。